「さあ、診察のお時間です。」というフレーズを覚えていますか? メタバースがブランドや人々にとってより顕著な現実となる未来に向かって 、私たちは没入型Web 3.0の世界でヘルスケアはどのように機能するのだろうかと考えさせられました。

その時、医師はまだ私たちを診察しているのか、それとも、いつでも…診てくれるのか?どこで診てもらうのか? そして…どのように診察するのでしょうか?

ヘルスケア業界でデジタルヒューマンを提供する私たちも、皆さんと同様に興味があります。

メタバースの大量導入は、人間として、患者として、医療従事者として、私たち全員に影響を与えることは疑いようがありません。 そこで4人の専門家にワクワクしながら質問を投げかけてみました。

メタバースでのヘルスケアはどのようになるのか?

1. 私たち全員にふさわしいインクルーシブな未来 – TECHNOLOGY NORTH社のLING HUANG氏

Technology North社は、自閉症スペクトラム(ASD)の人々の生活を向上させるインクルーシブ・テクノロジー・ソリューションの最前線にいます。社長兼CEOのLing Huangは、今こそ、私たちが今日構築したものが、すべての人に平等に役立つことを確認する時であると考えています。

「デジタルとリアルを融合させた一枚岩の世界、という理想的なメタバースはまだ初期段階かもしれませんが、今すぐにでもその技術を活用し、来るべきトラブルに備えることはできます。」

「医療はデジタル化されつつあります。しかし、その恩恵を受けられるのは、これらのインターフェイスが使える人たちだけです。ASDのような発達障害を持つ人々には、私たちとつながるための特別なインターフェース、つまり次世代のデジタル経済へのアクセスを可能にする支援技術が必要になります。ニーズに応じてアクセス可能でカスタマイズもできるヘルスケア、そして自立と幸福、私たち全員が値する同じ未来が必要なのです。」

2. イノベーションの扉を開く – ATLANTIS HEALTHCAREのJANINE SALERNO氏

ヘルスケアとイノベーションは、しばしば奇妙な関係で結ばれることがあります。しかし、 AtlantisHealthのDigital Creative DirectorであるJanine Salerno氏は メタバースの扉を開くことが本当に必要であると信じています。

「ヘルスケアと製薬業界は、イノベーションを推進することが非常に困難な領域です。しかし、COVIDを通して学んだことは、バーチャルコミュニケーションは、ヘルスケア分野にとっては複雑なパートであるということでした。」

「Atlantis Health社では、メタバースがこの業界では必要不可欠なものになることを、非常に早い段階で認識していました。そのため、米国の主要な医薬品ブランドのために、初のデジタルヒューマンを立ち上げる準備をしています。そうすることで、患者、介護者、さらには医師を、これまでにない手法でサポートし始めています。」

「製品に関する教育や、患者さんや介護者が治療を受けるまでのすべての過程をナビゲートするパーソナルコーチのように、小さなものでも良いのです。行動科学的なアプローチでデジタルヒューマンに情報を提供し、その結果、人によっては怖いと感じるかもしれないテクノロジーをできるだけ簡単に使えるようにすることが重要です。」

「メタバースが提供するメリットは、ただただ素晴らしいものだと、私たちは強く感じているからです。」

3. イノベーションの爆発を意味する – MAYA MDのMARK KOZAK氏

まだ少し先の話かもしれませんが、メタバースはこの分野に膨大かつ多様でポジティブな破壊をもたらすでしょう。 UneeQのクライアントであるMayaMD共同設立者であるMark Kozak 氏は、ヘルスケアにおけるデジタルヒューマン適用の有効性に関する査読付き研究を実施し、素晴らしい成果を上げていると言います。しかし、Markは、メタバースにおけるヘルスケアのインパクトは、1つのテクノロジーをはるかに超えて拡大し、コミュニケーションが鍵になると確信しています。

「メタバースはヘルスケアの向上に大きな影響を与えるでしょうし、非常にエキサイティングなことです。そして、それはまだ少し先のことだと思います。」

「患者、臨床医、保険会社、教育者など、すべての関係者をソーシャルネットワークに集め、人々がよりシームレスにコミュニケーションできるようになるのです。」

「真のメタバースは、バーチャルリアリティ(VR)も取り込み、ケアの提供方法に大きな影響を与えるでしょう。このようなプラットフォームは、エンゲージメントを高めるものであり、コミュニケーションを向上させる第一歩です。コミュニケーションによって、患者さんと医療従事者の間でより良い情報交換ができるようになります。これらのツールは、効果的にケアの質を向上させ、効率を高め、発展途上国の人々がより高いレベルのケアへアクセスすることを可能にします。」

4. ヘルスケアを物理的な領域から解放する – UneeQ社のDanny Tomsett氏

パンデミック以降、多くの変化があった今こそ、患者にとって分散型在宅医療サービスの恩恵を受ける良い機会ではないでしょうか?UneeQの創業者兼CEOであるDanny Tomsett氏は、この機会を少しばかり紐解いてみました。

「医療は人々の生活に大きく関わっており、医療業界がメタバースやWeb3.0などの新しい技術に注目し、難題を解決していくことは非常に興味深いことです。」

「ヘルスケアの物理的な中央集権化は、パンデミックの際にテストされ、非常に問題があることが示されました。今、医療業界は分散化、つまり在宅ケアに注目しています。そして、メタバースは、必要なアクセシビリティとスケーラビリティを解決するための興味深いチャネルを提供すると信じています。」

「メタバースの特性は、物理世界のように時間や場所に制限されず、AIを搭載したエキスパートと人間がコントロールするアバターの両方をサポートし、人々が安全な雰囲気の中で対話できることです。その行く末を考えると、かなりエキサイティングだと思います。」

メタバースにおけるヘルスケアの意義とは?

メタバースでヘルスサポートを受けることをすでに想像している人がいることは、意外に知られていないかもしれません。 McKinseyによると、米国の消費者のほぼ半数(47%が、 今後5年以内にメタバースでの遠隔健康診断に参加することに興味があると回答しています。 これより高い数値を示しているのはショッピングだけです。ショッピングの結果は48%でした。

メタバースが技術的なライフサイクルの初期段階であることや、一般の人々の辞書にも載っていないことを考慮すると、これは驚くほど高い数字です。しかし、メタバースが提供するものは、没入感、インタラクティビティ、スケールの大きいパーソナライズされたケアなど、有望なものばかりです。

メタバースでは、テレヘルス(遠隔診療)で見られるように、患者が医師や看護師、その他の医療専門家に会うために移動する必要がないという利点があります。メタバース空間は、患者が予約のために移動することなく(少なくとも緊急ではないシナリオでは)、患者の経験の多くをシミュレートすることができます。

このように、メタバース空間では、遠隔地にいる患者にも大都市にいる患者と同じレベルのサービスを提供することで、特定の種類の医療行為を受けやすくすることができます。また、医療従事者自身の生産性も向上し、より重要な救命処置に時間を割くことができるようになるかもしれません。 その過程で 医療従事者の燃え尽き症候群を抑制することもできるかもしれません

さらに、人工知能(AI)が今日の医療提供におけるギャップを埋める機会もあります。 このインフォグラフィック紹介されている様々な研究は ヘルスケアにおけるAIの可能性と予測される価値を示しています。 2026年までに、AIは臨床医に対する不足需要の20%をカバーし、その時点で1500億ドルのコスト削減を生み出すと予測されています。

デジタルヒューマンは、ヘルスケアAI技術の一例として、パーソナルAI栄養士や術後コーチ、ガイドなどの形で、より健康的なライフスタイルの選択をサポートすることができます。メタバースでデジタルヒューマンに会うと、完全に自動化されていることを除けば、実生活で専門家に会うのと同じようなレベルのケアと配慮が提供されます。 実際、患者はこのような非人間的なアバターと治療同盟を結ぶことが判明しています。

例えば、処方箋のアドヒアランスのようなものを見てみると、デジタル領域ではより魅力的なシナリオを作成することができるのです。メタバースには、教育スペースやバーチャルコーチング環境があり、人々は自分の薬、処方、食事、日常生活、その他の微妙なトピックについてより詳しく知ることができます。すでに今日、これらはインタラクティブでパーソナライズされ、ウェブページをスクロールするよりも視覚的で、人々の日々の健康を向上させることが究極の目標となっています。これは、物理的な世界では不可能なことなのです。

ヘルスケア・メタバースの準備はできているのか?

米国の消費者の約半数が、今後5年以内にメタバースで医師や看護師に会うことに既に関心を持っていることを確認しています。では、ヘルスケアプロバイダーは、人々が望むものを提供する準備ができているのでしょうか?

ある意味、イエスです。2020年以前、患者に対して遠隔で治療を提供する能力を持つ医療施設はわずか43%でした。 しかし、現在ではその割合は95%に達しています。

そうしたパーソナルでありながら自動化されたAI体験を提供することに関しても、答えは肯定的です。チャットボット、デジタルヒューマン、その他のAIヘルスアシスタントは、現在市場に出回っているだけでなく、 ヘルスケア産業やその他のセクターでその価値を示す研究が増えています。

また、デジタルツイン、ブロックチェーン、VR、拡張現実デバイスなど、高機能なメタバースの可能性を高める技術が集結しているのです。これらの技術は、個別で様々な記事を書く価値があるのです!

ヘルスケアの未来に目を向けることは、とてもポジティブなことです。しかし、この業界や社会全体は、誰もが歩けるメタバースへの扉を開くために、その未来を見て、それに向かって近づく手助けができるイノベーターを必要としています。

今日、賢い選択をし、新しい技術を試し、そして常に人間らしさを忘れないことで、業界のパイオニアたちがそれを実現できるようになることを願っています。最終的には、患者として、あるいは医療分野の専門家として、私たち全員に利益をもたらすことになるのですから。