今日のビジネスにおいて、特に顧客体験が大きな競争力となるブランドであれば、メタバースに関心を持つべきであると私たちは考えます。

もちろん、テクノロジーは移り変わるもので、ハイプ・サイクルは常に変動しています。しかし、メタバースは少し違うように感じます。それは、ゲーム業界によってすでにテストされた、今日できるテクノロジーと、人々がオンライン体験に求め、お金を払うものとの衝突のように感じられます。

これは、ありきたりなウェブサイト環境や、売り込まれるだけでなく、人々が交流できる没入感の高い事が商用のアプリケーションとの違いです

もちろん、ブランドが最初に参入するメタバースは、それほど高度に実現されたものではないでしょう。ここ数年、私たちが見てきたウェブやモバイルの体験のように、進歩、改善、進化があるはずです。ですから、今こそブランドは、近い将来のウェブ3.0にどのように自らが存在するかを考え、注目すべき時なのです。

まだ納得がいきませんか?メタバースに注目すべき10の理由はこちらです。

デジタルヒューマンでメタバースにおけるブランド、自動化、スケールを構築する

メタバースにおいて、ブランドを具現化し、AIを使って顧客とのインタラクション(会話や、やりとり)を自動化し、スケールアップする方法を探るには、明日を待つ必要はありません。デジタルヒューマンは、今日すでに人間味のあるインタラクティブなオンライン体験を提供しています。

世界の大手ブランドのいくつかは、UneeQを信頼しており、当社のデジタルヒューマン・プラットフォームを使ってメタバースでの実験を行い、メタバースに備えようとしています。これは紛れもない事実です。

あなたもその仲間入りをしませんか?UneeQ Creatorは、独自のデジタルヒューマンを数分でデザイン、開発、デプロイできるプラットフォームです。

デジタルヒューマン フリートライアルを見る

ブランドがメタバースに関心を持つべき10の理由(インフォグラフィック・スクリプト版)

  1. 巨大な可能性を秘めた急成長市場である
    メタバースは、2020年以降CAGR13.1%で、2024年には8000億ドル(およそ100兆円)市場になると予測されています。
  2. そして巨大な収益機会
    米国におけるメタバース市場だけでも、消費者支出の総額は8兆3,000億ドルに達する可能性があります。
  3. 顧客はすでに参加しています
    現在、成人の74%がメタバースに参加することに同意しており、これは約44億人に相当します。
  4. そして、彼らはお金を使う用意がある
    Z世代の75%がビデオゲーム内のデジタルアイテムを購入したことがあり、60%がメタバースプラットフォームでもブランドは製品を販売すべきだと回答しています。
  5. さらに、多くの人が日常的なメタバースユーザーになると回答
    2026年までに、全世界の25%の人が1日1時間以上メタバースで過ごすようになる。
  6. その理由は?より良いオンライン体験を求めるから
    メタバースを利用する最大の理由は、「物理的な現実ではできないことを体験するため」であると回答しています
  7. そして、ブランドはそれに参加すべきと考えている
    85%の消費者は、ブランドが将来成功するためには、単にデジタルでのプレゼンスが必要だと答えています。
  8. 実際、彼らは企業がデジタルで考えることが重要だと考えています
    81%が、ブランドのデジタルプレゼンスは、店舗でのプレゼンスと同じくらい重要だと考えています。
  9. 幸いなことに、ほとんどのブランドが同じ考えを持っている
    50%以上のブランドがメタバース戦略に着手しています。

    アンケート:”あなたの組織はメタバースに対する戦略を持っていますか?
  • 戦略があります (24%)
  • 取り組んでいる (32%)
  • 様子を見ている (18%)
  • 自社との関連性がわからない (26%)
  1. そして、彼らは行動する準備ができている
    2026年までに、グローバル企業のほぼ3社に1社がメタバースに製品やサービスを提供することになります。