このシーンを想像してください。ここは1922年のアメリカ。やっと舗装されたばかりの道路を、初期の自動車がカタカタと音を立てて走っている。Warren G. Hardingは大統領に就任して1年目。世界は第一次世界大戦の終結から立ち直り、 AI JolsonのApril Showers」やFanny Briceの「My Man」が流れる中だ

あなたはラジオのスイッチを入れ、数少ない放送局のひとつに(文字通り)チャンネルを合わせる。ダイヤルを回し、ラジオの針を周波数間で動かしていると、ニューヨークの高級アパートの珍しいプロモーションが聞こえてくる。

これらの住宅では「隣人(neighbor)は8文字の言葉以上の意味を持つ」場所を提供するとインフォマーシャルは言っている。共感マーケティングにしては上出来だ。

今、あなたは一番最初のラジオ広告をお聞きになったところです。広告主のQuensborough社は、AT&Tに15分間の放送で50ドルを支払いました。この100年の間に、明らかに多くのことが変わりました。それはゴールデンタイムの広告のコストだけを意味しているのではありません。実際、世の中は(マーケティングの世界は言までもなく)はるかに違う場所へと変化したのです。

しかし、時代とともに戦術が変化しても、マーケティングの目標は感情的で価値のある方法で人々とつながることであることに変わりはありません。1922年以来、ラジオで広告を出すブランドがあったように、今日もあなたが無視できない5つのマーケティング戦術を紹介します。

1. 適切なタイミングで顧客を驚かせる

驚きを与える要素。どのブランドもそれを望んでいますが、本当にそれを実現しているブランドはどれほどあるでしょうか?

おそらく、顧客を「驚かせる」ための最もわかりやすい場所は、広告です。大きな予算と非常にクリエイティブなキャンペーンで、 人々を感情的に引き込みます。100年前に初めてラジオ広告を聞いて感動しなかった場合は、考えが固くなっているのかもしれません。しかし、カスタマージャーニーには他にも、ちょっとした「驚き」を加えるべきポイントがたくさんあります(これがほとんど無視され、過小評価されているタッチポイントです)。

そのコツは カスタマージャーニーにおける「真実の瞬間」認識することです。このような場面では、企業と消費者の間でプラスとマイナスの両方において、大きな違いを生み出すことができるのチャンスになります。

What is a moment of truth in marketing and customer experience definition | UneeQ Blog


「驚き」とは、必ずしも人々の度肝を抜くことではありません。それは、カスタマージャーニーの感情的な部分で人々を魅了し、彼らの期待を超えるというタイミングの問題でもあるのです。 例えば、貴重な機会を見出すアドバイザー、問題を認識する店員、リアルタイムで素晴らしいカスタマーサービスを提供する担当者などです

Salesforceの最高マーケティング責任者であるSarah Franklinは、B2B、B2C、B2G、メタリカなど、どんなブランドでもできることだとMarketing Weekに語っています。

「セールスフォースは、非常にシンプルな方法で顧客を驚かせることができることを大切にしています。Airbnbであれば、ゲストを驚かせる必要があります。メタリカであれば、ファンを驚かせる必要があるのです。

あなたのマーケティングの旅において、真実の瞬間はどこにありますか?

2. パーソナライゼーションに投資する

自動返信に「驚き」の要素がないのには理由があります。パーソナリゼーションが重要なのです。今の顧客は、他の顧客と同じように扱われることを望んでおらず、特別な存在でありたいと感じています。

これは過小評価された戦術であり、少なくとも、今日のマーケティングでは十分に提供されていないものだと考えています。

ブランドは、顧客に関する豊富な情報を手にしています。 しかし、ほとんどのブランドは、この知識をデータベースから顧客との接点に、つまり機械から人間へと移行させることに苦労しています。つまり、顧客が切望する真のパーソナライズされた体験を提供することができていないのです。

10人中9人の消費者がパーソナライゼーションに魅力を感じると答え72%の消費者が自分に合わせてカスタマイズされたマーケティングにしか関与しないと認めています。Adobeの調査では、Z世代は特にパーソナライズされた体験に熱心で、 ブランドが信頼を得るための最良の方法としてパーソナライズを 挙げた唯一の年齢層 でした。

このような傾向は皆さんもご存じでしょう。Evergageの調査によると、実に 99% のマーケティング担当者がパーソナライゼーションが顧客との関係を深めるのに役立つことを知っており、89% がより良い顧客体験を促進すると考えています。しかし、パーソナライゼーションのマーケティングが得意だと言っているのは、わずか13%です。

このように、多くの統計やデータが存在し、説得力もある話だと思います。しかし、このWebページを通じて、あなたにとってパーソナライゼーションとは何かを問いかけ、デジタルヒューマンがサポートできる戦術的な方法を示すことができたら、もっと良いと思いませんか?「ねぇGreg、パーソナライゼーションへの取り組みを阻んでいるものは何だと思う?」Gregと呼ばれているよね?違うの?もう使えないな、Web2.0!

まあ、気にしないでください。 代わりに、デジタルヒューマンを使ったマーケティングのパーソナライゼーションについて、詳しく説明したブログの記事を紹介しましょう。ダサいでしょう?ここにいるデジタルヒューマンに尋ねて、会話をして、彼女が何を言うか見てみるのもいいかもしれませんね…。

What is marketing personalization definition

3. メタバースにおけるマーケティング

前述したポイントに続いて、インターネットの進化に伴ってマーケティングがどのように戦術的に変化してきているかを考えてみましょう。メタバースは、Web2.0の静的で一方通行な性質を取り込み、Web3.0の没入感と双方向のインタラクティビティをもたらすことを約束します。

マーケティングは、このようなオンラインの領域において、より良い方向に変化していくでしょう。 2022年の今日多くの企業がメタバースでどのように自分の居場所を見つけるかを模索しているのはそのためです。

この初期の実験期間からは、企業がメタバースを利用してユニークで価値あるブランド体験を生み出す方法について、多くの魅力的な洞察が得られています。

もちろん、すべての企業が独自の仮想世界を構築するリソースを持っているわけではありませんが、マーケティング担当者は、より洗練された未来に向けて、メタバースが提供するものの雰囲気を感じることができます。

どのようにですか?Publicis Groupの最高体験責任者であるMatt Marcusは、最近のウェビナーで次のように話しています。それは「ビデオゲームをすること」です。

そうです、その通りなのです。

「Fortnite」や「Minecraft」のようなゲームであれ、Robloxのようなオンラインゲームプラットフォームであれ、この業界は人々が完全に没頭したいと思うバーチャル環境の作り方を世界に示す素晴らしい仕事をしています。

Fortniteはメタバースであり、あらゆるものを作り上げることができる素晴らしいクリエイティブな環境です。」とMattは言います。

「これらのスペース上では、私たちのほとんどはプレブランドです。そこに入って実際に遊んだり、個人が何を作っているかを見るだけでも良いです。ここは素晴らしい場所なのです。」

これらの選択肢に加えて、もし素晴らしいゲームを見つけるのに苦労しているなら ブランドマーケティングに役立つ6つのビデオゲームのうちの1つをお勧めしますただし、ET: The Extra Terrestrial は除きます あれはゴミ処理場に置いたままでいいです!

10 reasons brands should care about the metaverse (infographic CTA) | UneeQ Blog

4. ブランドパーソナリティとアンバサダーとの関係を再活性化させる

もし、あなたがブランドのペルソナやアンバサダーを使っていないなら、その戦術を見直した方がいいかもしれません。その理由をブランドのマスコットから説明しましょう。

Tony the Tiger、Mr Peanut、Colonel Sandersなど、彼らの名前を聞けば、すぐにそのブランドを思い浮かべることができます。そしてもしあなたがよだれを垂らしているのなら、彼らは良い仕事をしていることになります。特に会社名や製品名にはなっていないのですから!

彼らはブランドを人間らしく、ユニークな個性を持ち、しばしば笑いや愛情、懐かしさといった感情的な反応を引き出すからこそうまくいく のです。

「B2Cのマーケティングならそれで良いが、私はB2Bで仕事をしているので、全く関係ない!」という声が聞こえてきそうですが、そうではありません。私たちは皆、人間ですから、人間中心のマーケティング戦術に振り回されるのです。Salesforceが人間とアライグマから作ったマスコット「Astro」を発表したのも、まさにこの理由からです。

セールスフォースのCMOあらゆる論理を超越した感情的な結びつきがあります。説明のつかない感情的なつながりが、お客様の忠誠心を強くします。そしてキャラクターは、それを気まぐれに実現してくれるのです。」と説明しています。

マスコットは過小評価されています。しかし、ブランドアンバサダーが同じような役割を果たすのであれば、その理由も理解できます。このような実在の人物は、マーケティングキャンペーンに信頼性と名声をもたらすのです。アンバサダーの多くは有名人であり、あなたが利用できるファンベースに織り込まれています。アンバサダーがブランドを人間らしくしてくるれるのは、彼らは人間であり、わたしたちの心をつかむことができる個性を持っているからです。

こちらはいかがでしょうか。例えば、ZOAは、The Rockの影響力をなくして、2021年に市場で最も速く売れるエナジードリンクになっていたでしょうか?もし、The Rockが、面白くて、やる気を起こさせ、あらゆる面で素晴らしい人格者ではなかったら、これほどの影響力を持つことができたでしょうか?その答えは、考えるまでもないはずです。

ですから、もしあなたがブランドキャラクターやアンバサダーを使っていないのなら、今こそ考え始めるべき時かもしれません。特にあなたのブランドがメタバースでどのように見え、聞こえ、対話するかの答えになり得るからです

Why do brands use mascots research statistics | UneeQ Blog

5. 取引だけでなく、相互作用を促進する

これまで、顧客を驚かせること、パーソナライゼーション、メタバースの可能性の探求、より良いブランドキャラクターとアンバサダーの構築について話してきました。共通しているのは、顧客とのインタラクションを強化することです。

私たちはテクノロジーが生活の一部となっている時代に生きていますが、消費者はブランドとのコミュニケーションに人間的な要素を求めています。 PwCの調査によると、消費者の5人に4人以上が、ブランドと、より多くの人間的な関わりを望んでいます

広告からウェブサイト、ソーシャルメディアへの投稿、ニュースレターまで、マーケティングはあまりにも長い間、顧客に向かって一方的に話しかけて(あるいは叫んで)きました。今こそ、AIと自動化によって、私たちへも語りかけてもらう時なのです。

2022年のブランドは、テクノロジーのスピードと利便性を提供すると同時に、本当の意味で記憶に残る、双方向のインタラクションを提供する必要があります。そして、これらの目標は互いに相容れないものであるとは考えていません。

「これを買いたいですか?」ではなく、「何が必要ですか?」と言えることが重要なのです。

そのために 私たちはデジタルヒューマンは、AIを搭載した、お客様が話しかけられるブランドを体現したアバターを作っています。 デジタルヒューマンは、拡張性があり、常に利用可能で、モバイル、オンライン、キオスク、メタバースなど、複数のチャネルにまたがって存在することが可能です。

ブランドアンバサダー、マスコット、実在の有名人も、同じように再現することができます。ジョークを飛ばしたり、ストーリーを共有したり、共感を通じて親密な関係を築いたりと、そのユニークな個性を際立たせることができるのです。 広告をこれほどまでに効果的にしてきたものが 、今やあなたの顧客となる過程で利用できるようになったのです。

1922年に初めてラジオ広告が放送されて以来、世界は大きく変わりました。それから100年後の今、マーケターは「顧客 customer」という言葉が8文字以上の意味を持つことも覚えておく必要があります。