私たちは、人間とガジェットの関係のシンプルさと自動化が大好きです。そしてAppleは非常に興味深い洞察を共有しています。 私たちはAppleのAIが持つ人間性について、詳細を知りたいと思わずにはいられません。私たちはなぜ、Siriの好きな色から、Appleが宿敵Googleをどう思っているかまで、すべてを尋ねるのでしょうか。それはこのデジタル時代になっても、私たちは皆、つながりと経験を求めているからです。

私たちの未来が、次世代技術によって大きな影響を受けていることは間違いありません。企業はコモディティ化を背景に、持続可能な差別化を検討する必要があり、多くの企業が自社の主要戦略は顧客体験を中心としたものになると考えています。顧客の生活を楽にするために企業が何をし、記憶に残る体験を創造するかが、そのような顧客があなたの会社を推薦したり、「リピーター」になったりする可能性を決定づける要因となることが多いのです。

何をするかではなく、どのようにするかが今後の決め手になります。今後は、自分たちのブランドを顧客にとって意味のある体験と結びつける方法を知っている企業が勝ち続けるでしょう。人々にとって人生における選択は大きな厄介事であり、時間は貴重です。そして顧客としての価値を感じたいと思っており、そのためには彼らを覚えていて個人として扱うことが必要です。このような体験を必要な規模と利便性で可能にするためには、次世代のAIの活用が鍵となります。

信頼の形が変わってきている

「私たちを信頼してください 。私たちは10カ国に5000の支店を持つグローバル企業です」 自問してみてください。あなたは今、建物の大きさや、他の顧客や友人が組織について何を言っているかに基づいて意思決定をしていますか?

信頼の形は大きく変化しており、この混乱は多くの企業にとって現実のものとなっています。

今日の消費者は、ほぼすべての企業のパブリックレビューやプライベートレビューにアクセスできる、情報に関心を持ったソーシャルネットワーカーです。企業が顧客をどのように扱うかは、熱心に読まれています。Hello Peterのようなサイトは、NPS(Net Promoter Score)に関して何百万人ものユーザーを動揺させています。

賢い企業は自社の維持と成長が、素晴らしい顧客体験の創造から生まれることをすでに理解しています。実行上の課題は、拡大する顧客の即時性とシンプルさに対する期待にいかに応えるかということですが、これをコモディティ化されたトランザクション型のサービスに還元することはできません。

私はお客様なのか、それとも番号なのか?

顧客は皆それを嫌っていますが、多くの企業はまだ顧客の生い立ちを管理することを非常に苦手としています。企業は匿名であるかのように顧客を扱うことで、彼らが顧客であることを証明し、彼らの問題が本物であることを伝え、そして同じプロセスを繰り返すために他の誰かにそれらを渡しています。

今日の顧客は、知られていることを期待し、個人的なやり取りを求めています。顧客の望みを叶える策は、私たちの人間性と会話の力にあります。会話は、親しみやすくパーソナライズされたものであり、有益な情報を提供することです。中でも最も重要なことは、会話を通じて、その人がどんな人で何が好きなのかを覚えておくだけです。これによって、その人を大切にしていることを示すことができるからです。

デジタル従業員は、企業が顧客を個人として大切にしていることを示すために努力していることを、顧客が確信してから、全てのやり取りを終えることができるように支援します。 UneeQがAI技術に創造的なエネルギーを注ぎ、デジタル体験を人間味あふれるものにするのはそのためです。私たちは、すべての顧客とのやりとりが非常に効率的で、個別の価値を示すものになることを望んでいます。

今後の取り組みとして、あなたの優先事項は顧客体験だということを確実にしてください。それなしでは、これからのビジネスの世界では勝ち残れません。