教育の分野で人工知能(AI)を活用することで、すべての教育課程で学内外の交流を改善することができます。AIは、教育機関での経験を向上させるだけでなく、教育機関がより効率的に業務を遂行し、最終的には教育機関のコスト削減に役立ちます。

AIを搭載したデジタルヒューマンを活用することで、学生も教授もストレス無く、学習や教育カリキュラムの改善に多くの時間を割くことができるようになります。UneeQは、信頼関係を向上するために、声のトーン、会話、表情といった人間味のあるコミュニケーションができるカスタムイメージキャラクターを作成し、発信しています。

AIを搭載したデジタルヒューマンを教育現場に導入することで可能になること

・ユーザーへのサポートの高速化

・デバイスを問わず、無限に近い学生や教授に拡張性のあるリソースを提供できる

・24時間365日、いつでも利用可能

・教育機関のブランド化(教育機関独自のデジタルヒューマン社員をデザインする)

・ボディランゲージと声のトーンでより完璧なコミュニケーションを実現

・文字を打つことができない、または読むことが困難な方のために情報へのアクセスを向上

・エンドユーザーとの繋がりを構築

デジタルヒューマンは、一貫性と専門性を持ち合わせた優秀な人材が不足しているために、今まで発生していた問題を解決できます。また、デジタルヒューマンは、学習することによって複数の教育的役割を担うことができ、膨大な量のデータを学習し、肯定的で共感出来るなコミュニケーションを提供できます。

AIは教育現場でどのように活用されているのか?

教育現場にAIを活用する大きなメリットは、多種多様な学習者に対応したリソースを構築する際に、より学習者ごとにパーソナライズされた教育を提供できることです。教育業界でAIを利用することで、学習者ごとにより良い、パーソナライズされた教育を提供できます。さらに、AIによって拡張性のあるリソースを開発することができ、学生と教育スタッフの双方にとってメリットが得られるようになります。

#1. パーソナライズされた学習体験

UneeQのデジタルヒューマンは、組織内外を問わず、個人に最適化されたやり取りをするために使用できます。教育機関は、決められたルールのもとで行動するデジタルヒューマンを人間のブランドアンバサダーのように利用できます。

デジタルヒューマンは一度学習したら、その後も意図した通りに行動できるため、組織の方針を一貫して発信することができます。それに対して、標準的なチャットボットは簡単な情報収集を行い、ユーザーをリダイレクトすることしかできません。

デジタルヒューマンは、ユーザーの行動を学習し、ユーザーの感情までも汲み取ったスマートで人間味のあるコミュニケーションを提供することで、顧客によりパーソナライズされた体験を提供できます。デジタルヒューマンは顧客との会話が自分が対応出来る範囲超えてしまった場合にも判断することができます。その場合は必要に応じて本物の人間に対応を引き渡すことができます。

#2. 音声アシスタント

今までの通常の音声検索では基本的にたらいまわしにされてしまったり、Googleですぐに検索できるような回答しか得られません。しかし、UneeQのデジタルヒューマンは、今までの音声検索以上の対応が可能です。デジタルヒューマンは、音声検索ではできないような、ユーザーの問い合わせに応じてレスポンスの調整を行い、より最適な情報を提供します。

#3. 教育者の多様な業務のサポート

デジタルヒューマンは学習を積むことで、教育者がこなす様々なタスクをサポートできるようになります。その結果、教育者はより重要な業務に時間を費やすことができます。他にもデジタルヒューマンは、学生のサポート、フィードバック、資料の説明、課題の収集などを行うことができます。

また、教師が欠席した場合にも、生徒の学習のサポートができます。さらに、生徒が人間の教師に聞きにくいような質問があった時にもデジタルヒューマンなら生徒も気軽に質問できます。

AIは教育にどのような影響をもたらしているのでしょうか?

AIは教育機関の基幹業務の一部を改善することができます。その結果、学生の志望校への合格率向上や教育に対する満足度の向上につながります。また、生徒数に対して先生の人数が十分でないような教育機関では、生徒一人一人に対して注意を払うことはとても難しいです。

そこで、デジタルヒューマンを利用すると、学生はいつでもサポートを受けることができ、教育機関は人間のスタッフを増員せずに、学生による学習の要望に応えることができます。

高等教育で導入されているデジタルヒューマンの事例として、特に注目すべきものがあります。高等教育を受けている人が、大人になってから再進学する人の多くは、仕事や家庭があり、学習に使える時間は限られています。

デジタルヒューマンは、いつでもオンラインサポートを提供することができ、学生は教育機関の営業時間中だけでなく、隙間時間などを活用して必要とするときにいつでもサポートを受けることとができます。

AIは教師の代わりになれるのでしょうか?

教師という職業はAIが代替できない、教育システムの根幹である部分です。つまり、学生にカリキュラム、学習教材、学生サポートを効果的に提供するには、常に人間の力が必要です。

結論

AIは今後も教育業界を支えていく重要な技術になります。教育機関は学生に対して、効果的に情報提供を行い、学習支援する必要があります。やがて、学生は教育機関からパーソナライズされたフィードバックやガイダンスを求めるようになり、それを可能にするのがAIです。AI技術の中でも特にデジタルヒューマンは、この拡大する学生の教育に対する需要を満たすための効果的な方法を提供し、最終的には、一人一人の学生に対してよりパーソナライズされた体験をAIの導入前よりも低コストで実現することが可能です。

5-Laws-general-CTA-banner-1

ヘルスケア業界におけるAIの活用例

教育者へのサポート

個人に最適化されたアドバイスやサポートによって教育の質を向上させる。

・ヘルスケア知識のサポート

・ふるまいや顧客の対応サポート

・社会的な情報のサポート

従業員へのサポート

学生に質の高い教育を提供するために、教育関係者を支援する。

・従業員の研修を提供する

・従業員の健康まで配慮した人事支援を行う

・質の高い研修・開発プログラムを行う

ユーザーに対するサポート

ユーザーが気軽に情報へアクセスできるようにします。

・ウェブサイト内の案内を行う

・音声入力でフォーム入力ができるようにする

教育におけるデジタルヒューマンのメリットとは

否定しない

学生や従業員は、自分が人間に否定されるかもしれないと感じたときに人と話しにくくなりますが、デジタルヒューマンは自分を否定しないことを知っています。

いつでも利用可能

デジタルヒューマンは、いつでもすぐに利用できます。

高機能

1つの質問に回答するために、何千ものデータにアクセスし最適な回答を導き出します。。

24時間365日どこでも利用可能

デジタルヒューマンは、営業時間に関わらず、ウェブ、モバイル、それぞれの支店など、どのチャネルでも利用可能です。

一貫性のある教育用チャットボット デジタルヒューマン

一貫性

デジタルヒューマンは、何があっても雑な対応をせず、常にお客様に一貫したサービスを提供します。

共感

デジタルヒューマンは、他のデジタルチャネルではできない方法で感情を読み取ることができ、その情報を利用してより良いサービスを提供することができます。

トレーニング可能

デジタルヒューマンは一度教育すれば二度と忘れずに一貫した対応を身につけられます。

拡張性

デジタルヒューマンは、低コストで高い需要に対応するために無限に拡張することができます。

顧客サービスの分析

感情の分析と会話の分析を使用して、顧客との関係を理解します。

チャットボットではできないことを達成する: ブランド価値、ロイヤリティ、信頼の構築

リーチ

顧客にいつでも対応してもらえるという便利さを提供できます。

ブランドを体現

ブランドを体現できる顧客体験を提供し、デジタルの世界での価値を高められます。

差別化

NPS(顧客ロイヤルティ)を向上させるパーソナライズされた顧客体験を提供することで、学校や大学は他の競合と差別化できます。

信頼

信頼関係を構築する時には対面の方が効果的です。信頼関係を維持するしようとする時にも対面でコミュニケーションが取れることはとても重要です。

ロイヤルティ

リアルタイムでパーソナライズされたコミュニケーションを提供することで、強固な信頼関係を築くことができます。その結果、ロイヤルティの向上にもつながります。

Digital-humans-ebook-CTA-banner-3