先週、Magic LeapのAIアバター「Mica」の動画が10万回以上の再生回数を記録して話題となりました。現在の最新技術を集結させて、どこまでリアルなデジタルヒューマンを制作できるのか興味のあるファンの間で話題になったのです。動画内の講演者が言うように、Micaは「人間から自然な反応を引き出す、人間のためのAIです。彼女の表情は、あなたと彼女の心を通わせるもの」です。

動画に寄せられた視聴者のコメントには、「我々は不気味な谷の向こう側にある山頂に到達しようとしている」といったようなものもあります。

UneeQでは、社会基盤に統合されたデジタルテクノロジーのユースケースとして、日常的にデジタルヒューマンの活用が実現した世界を目指すMagic Leapのビジョンにとても共感しています。Micaはプロトタイプのパーソナルアシスタントです。Magic Leapは会見で、UneeQのような企業が私たちのOS上で、デジタルのビジョンに向けて活動していく様子を見たいとコメントしています。

UneeQのインテリジェントデジタルヒューマンプラットフォームは、すでにウェブ、モバイル、Kioskでのデジタル体験をサポートしており、Magic Leap OSは、この利用可能なチャネルの延長線上にあると考えています。

Micaは、最先端のリアルタイムレンダリングモデルを搭載し、製品化に2年を費やしました。Micaの共有するものやアプローチ方法は、ゲーム制作会社やエンターテイメント企業と同じように、多くのマニュアルやスクリプトによるアニメーション(モーションキャプチャーを含む)を構築することに特化したチームを持ち、ゲームに登場するキャラクターの芸術性を何ヶ月もかけて創り上げていきます。多くの場合、素晴らしいクオリティが得られますが、その時代や顧客に適したテーマに限定されます。そのように、Micaは一度に多くのビジネスをサポートしたり、何度も動作中に仕様変更ができるモデルではない為です。

Mica-UneeQ-Magic-Leap

UneeQのインテリジェントデジタルヒューマンプラットフォームは、「Mica」の体験利用を一般化させ、映画やゲームが3次元を超えたような素晴らしい飛躍を実現しました。また、同時に驚くほどの「リアルさ」も体現しています。UneeQのプラットフォームは、顧客自身がデジタルヒューマンを設計、構築する体験が可能です。UneeQは、AI技術を用いて機械学習の限界を超える外部のリアルタイムの発話や行動を用いて、リアルでパーソナライズされた体験を提供しています。

デジタルヒューマンはすでに、UBS銀行や電話会社の大手ボーダフォンなど、世界最大級のブランドで活躍しています。このような事業に関わる研究開発は、想像的処理と事務的処理の両方を同時に行うことのように、非常に集中力の必要な作業です。Micaの紹介は、デジタルの未来を表現する象徴的なソリューションであり、UneeQプラットフォームが今日どれだけ進歩しているのかを明らかにしています。

Micaのようなデジタルヒューマンに期待を寄せており、アイトラッキングやその他の機能を搭載するような新しい進歩を、開発者コミュニティが提供してくれることを願っています。私たちは「デジタルヒューマンのガイドは間違いないものになるでしょう」という動画の講演者の意見に賛同しています。Micaが、デジタルヒューマン市場を牽引していくことを願っています。