AI(=人工知能)は、今までの社会に革命をもたらす技術です。UneeQでは、IT技術を用いて身近な仕事や生活を便利にするために日々開発を行っています。さらに、一貫性と専門性を兼ね備えた人材が不足していたために、これまで発生していた様々な問題を解決するためのIT技術の模索も行っています。

上の動画では、UneeQとデジタルビジネスセンターが、AIやデジタルヒューマンの応用方法を模索しています。特に、心臓病の人が行う在宅治療の改善を中心に取り組んでいます。

2020年以降の医療業界におけるAI

複雑でデータ量の多い医療分野でAIを活用すると、医療の精度の向上と患者の満足度の向上に繋がります。医療分野でAIの恩恵を受けられる具体的な例としては、診断と治療の提案、運営業務のサポート、患者の治療に対する理解や協力を得やすくなるなどが挙げられます。

デジタルヒューマンの技術は、AIの中で最も患者の満足度向上に繋がる技術であると言われています。UneeQは現在、声、会話、表現といったより人間味のあるコミュニケーションを再現し、信頼関係を構築できるような独自のAI技術を搭載したブランドアンバサダーを開発しています。

医療業界におけるAIプラットフォームとチャットボットの可能性についてさらに詳しく解説していきます。

医療業界におけるデジタルヒューマンの利点とは?

医療業界でデジタルヒューマンを使用することで、企業とその顧客には次のようなメリットがあります。

・迅速な顧客対応

・あらゆるデバイスで多くの顧客に対応できる

・いつでも利用可能

・完璧にブランドを具現化できる(自社の理想のデジタルヒューマンを再現できる)

・デジタルヒューマンの言葉遣いをカスタマイズできる

・ボディランゲージや声のトーンを表現して、より高度なコミュニケーションを再現できる

・タイプしたり、読んだりするのが困難な人のアクセス向上

・信頼や共感が得られる

医療におけるAIのメリットとは?

AIを搭載したデジタルヒューマンは、患者に迅速な対応を提供するだけではなく、患者が難しい判断に悩むことなく、気軽にサポートを受けられます。また、医療分野に利用されるAIは、患者の満足度や対応の一貫性を向上させながら、患者とのコミュニケーションをより活性化させることができます。

医療におけるAIのメリットトップ3

#1. いつでもすぐに利用可能

UneeQのデジタルヒューマンは24時間いつでも対応可能です。

#2. 否定されない

患者は自分が否定されたくないため、人と直接話すことを避けてしまう場合があります。しかし、デジタルヒューマンは患者を否定することはないため、安心して気軽に質問や心配ごとの相談ができます。その結果、人には話せないような情報も患者自ら話しやすくなります。

#3. 情報ライブラリ

デジタルヒューマンは詳細な処方箋のデータから医療経営のデータまですべて保有しているため、どのような質問に対しても回答することができます。

医療分野でAIはどのように役立つのでしょうか?

AIは、顧客対応の質の向上と業務の効率化を実現することで、医療関係の企業とその患者を助けることができます。

カルテなどの情報と手術のメトリクスをAIが統合することで、医師がより効果的な治療を行えるようになります。また、費用のかかる不要な通院もAIを活用して減らすことができます。スタッフは患者に対して治療を行う必要がある時のみ、AIによって患者に通院してもらうように通知することができます。

最後に、AIはより迅速な顧客対応を提供し、事務作業にかかる時間を短縮することで、医療の効率化を実現しています。

医療分野でAIを活用する5つのメリット

#1. 顧客への共感

UneeQのデジタルヒューマンは感情を読み取る技術を搭載しているので、より顧客に寄り添ったサービスを提供することができます。

#2. 一貫性

本物の人間とは違って、デジタルヒューマンは常に良い態度で顧客と接します。そのため、デジタルヒューマンは人間と比べて一貫性のあるサービスを提供することができ、患者の要望に応えることができます。

#3. 学習機能

デジタルヒューマンは一度学習するだけで、情報を保持し続けられます。

#4. 効率的で拡張可能

デジタルヒューマンは低コストで高需要を満たすために何度も拡張することができます。

#5. 患者体験の分析

医療系企業は、AI技術による感情分析や会話分析を活用して、患者に何が効果的なのかを患者の感情などから読み取ることができます。

AIはどのように医療を変えることができるのか?

AIは、医療分野で最もコストのかかる問題を解決することで、医療業界を変えることができます。AIと機械学習(ML)を利用して、非効率な部分を特定し、より効果的なプロセスを作り出すことができます。

これにより、医師と患者双方のコストが削減されます。また、デジタルヒューマンを利用することで、患者はいつでも、即座にサポートを受けることができます。

医療におけるAIの長所と短所

医療におけるAIの活用には、賛否両論あります。

長所

・AIは人間よりもミスの確率が少ない

・いつでも利用可能

・情報の管理に優れている

・非効率な部分を容易に特定できる

・スタッフの情報過多を防ぐことができる

短所

・初期投資が高い

・患者やスタッフにAI技術を信頼してもらいにくい

・AIは設定されたプログラム以外の分野では機能しない

医療向けチャットボットのメリット:

顧客エンゲージメントの構築

否定されない

患者は、自分が否定されるかもしれないと感じたときに人に相談することを避けます。しかし、患者はデジタルヒューマンに否定されることはないと知っているので気軽に相談できます。

すぐに利用可能

デジタルヒューマンは、いつでもすぐに利用できます。

高機能

1つの質問に回答するために、何千ものデータにアクセスし最適な回答を導き出します。

いつでもどこでも利用可能

デジタルヒューマンは、営業時間に関わらず、ウェブ、モバイル、それぞれの支店など、どのチャネルでも利用可能です。

チャットボットではできないことを達成する: ブランド価値、ロイヤリティ、信頼の構築

リーチ

いつでも対応してもらえるという便利さを顧客に提供できます。

ブランドを体現

ブランドを体現できる顧客体験を提供し、デジタルの世界での価値を高められます。

差別化

NPS(顧客ロイヤルティ)を向上させるパーソナライズされた顧客体験を提供することで、他の競合との差別化ができます。

信頼

信頼関係を構築する時には対面の方が効果的です。顧客にアドバイスを提案する時にも対面でコミュニケーションが取れることはとても重要です。

ロイヤルティ

リアルタイムで個人ごとに最適化されたコミュニケーションを提供することで、強固な信頼関係を築くことができます。その結果、ロイヤルティの向上にもつながります。

医療におけるAIの未来

UneeQのプラットフォームを使用することで、顧客にオンラインでの新しいコミュニケーションの方法を提案し、医療関係者に対する顧客の認識を変えることができます。医療分野におけるデジタルヒューマンは、単純なAIチャットボットではできないような、温かみのある人間に近いコミュニケーションを提供します。

UneeQのデジタルヒューマンは、レスポンスの分析、音声の合成、自動化された感情表現といった機能を兼ね備えています。医療業界の急速なIT化に遅れないようにするためには、企業はAIを導入し、自社で活用できるサービスをできる限り顧客に提供することを目指すべきです。

デジタルヒューマンは、顧客ごとに最適化されたサービスを提供することができ、将来、人間関係をマネジメントする重要な要素であると言えるでしょう。